So-net無料ブログ作成

泥鰌で悪かったわね

新しい野田内閣発足、野田首相本人は、内閣のネイミングはしないというが、みなさん「泥鰌内閣」と呼んでいる。野田氏が、代表選挙のスピーチで、あいだみつをの「どじょうは金魚になれない」とかいう言葉を引用されたからだ。

私はこの種のことばがこのごろ嫌いになった。大震災後の公共広告機構が流した金子みすずの詩も、最後のフレーズの意味がわからないし、あまり好きではない詩だったので、繰り返し聞かされてうんざりしていた。金子みすずの詩そのものは、言葉のやわらかさや郷愁をよぶものなど、大好きなものが多いのだが。

あいだみつをはもともとあまり好きではない。なにか善意の押し売りを感じてしまうのだ。昔は武者小路実篤だった。「仲良きことは美しい哉」とちょっとひねくれた字と、ナスとカボチャみたいな静物の絵があって、それはそうだけれど、と、そんな色紙が飾ってある家は、なるべく避けていた。

このごろ、おっしゃることは正しいというような歌も多い。「世界に一つの花」もそうだし、「トイレの神様」もその種類にはいる。

どじょうと金魚、別物なんだから、一緒にしないで、と言いたい。グッピーと金魚なら、観賞用魚で同種とみて、比較されていもいいいけれど。もしかしたら、金魚は泥鰌になりたがっているかもしれないし、泥鰌は食べられるのがいやさに、金魚に限らず観賞用の魚になりたがっているかもしれない。

人間に勝手にランク付けされたくない。どっちかといえば、ナマズという気もしないではない野田氏だし、あいだみつをの詩を言いだしたという興石氏こそ泥鰌にみえる。
泥鰌の平均寿命をしらないが、泥鰌談義をしているうちに、内閣の生命が終わらないように、またマスコミも、毒にも薬にもならないキャッチフレーズを扱うのを、いい加減にしてほしい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。