So-net無料ブログ作成

煙草1箱700円、賛成です

初入閣の厚労大臣小宮山氏が、煙草を100円づつ値上げして、700円にするといったことを記者会見でおっしゃったようだ。700円が税収の分岐点らしい。

現在いくらなのか、数十年煙草と縁のない生活をしているので、価格を知らない。しかし、煙草をすわず、かつ煙草嫌いの私としては、もし700円に上げて、喫煙者が少なくなってくれるものなら、大賛成だ。

田舎に住むようになって、煙草に苦しめられることが多くなった。空気がいいはずなのに、喫煙者の数が多く、それもお年寄りに多いのだ。村役場や、何かの会合の場所へ行くと、灰皿が必ずおいてある。そして年配の男性が、周囲に「吸ってもいいですか」の一言もなく、吸い始める。

「吸ってもいいですか?」と聞かれれば、「いいえ、ご遠慮ください」とはっきり言うのだが、一度吸い始められると、強いて迷惑だと言えない。

東京で暮らしていた時は、労働環境も、なにもかもが、煙草で苦しめられることはなかった。食事の場所も、禁煙か分煙されているところを選んだし、つれあいは煙草を吸わないし、友人たちも喫煙者がいなかった。

田舎住まいを始めて、こちらの食事の場所では、ほとんど分煙がされていない。ファミリーレストランはされているらしいが、あいにくそこには行かない。レストランに入って、禁煙席と言うと、困った顔をされることが多い。
またタクシーなども、運転手さん自体が吸われることが多く、車内に臭いが染み付いていることがある。何台も待っているときは、臭いのない車を選べるけれど、田舎では1、2台しかないことが多い。

煙草は一種の合法化された麻薬であるという。そういえば、禁煙をすることに成功する人は少ない。それだけ、常習化してしまっている。ニコチン中毒なんてなつかしい言葉である。

映画をみていて、昔の懐かしい映画では、出演する男性俳優は、ほとんどが煙草を吸う。現在の映画では、強いて喫煙シーンがないようだ。
時代が変わったといえば、海外から帰る時、免税店で煙草を買わなくなった。以前は、マルボーロだ、なんとかだと、アメリカの煙草や、ちょっと気取って、フランスのジタンなどを買ったりしたものだ。

値上げは小宮山大臣のいう「健康を維持するための施策」だろうし、700円の煙草代のなかに、受動喫煙での被害者に対策を講じてくれる部分があれば、うれしいことだ。



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

beni_ha

同感です。

「煙草を吸うのがかっこ悪い」という文化を作りたいものです。

ちなみに、先日の民主党代表選挙に立候補された海江田前経産大臣は、かなりのヘビースモーカーだったそうです。

煙草を味わうタイプではなく、イライラや不安から逃げ出すためのものだったようです。

このデリカシーのない人に賛同した議員のみなさんの見識を疑いたくなります。


昔々、カナダ:ヴァンクーバーでの出来事です。
ヘビースモーカーの上司のために、喫煙場所を捜し歩きました。
その時、掃除のおばさんが答えてくれました。
「だって、ここには灰皿が置いてないもん!!」
と。。。。。

わかりやすいところで1,000円でもいいじゃないですか!


by beni_ha (2011-09-06 21:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。